kabaの現実逃避な思考と日記とetc...

kabaがパソコンについて中心に書いているよ!それとkabaの日常的な話とかも。
コメントをして管理人をかまってあげて下さい!お願いします!

Address is http://kabanoblog.blog22.fc2.com/.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP/PC用語解説集 -Ver.1.50-
ここでは、PSP・パソコン関係で管理人がよく使う用語や当サイトによく書いてある用語などを解説しているところ。
今回は2回目の改訂。
だいぶ、用語の解説数も76個とまずまずな数まで来たかなと自負している。
解説の内容も分かりにくいものや誤字脱字などの部分も大体は直したよ。
用語の数はあんまり誇れるもじゃないので、これからも更新していくつもりでいたりするよ。


解説の内容が分かりにくかったり、間違えていたり、誤字脱字がありましたら、コメントで指摘して頂けると幸いです。



0-9
1.50 addon
1.50kernelを使わないと起動しない自作ツール(OFW1.50用の自作ツール)をCFWで起動させようというパッチのこと。
3.71M33からリリースが始まった。
理由は、1.50関係のファイルを入れて起動するとPSP-PSP-2000と3000が壊れてしまうファイルがそのなかにあるためである。


A-Z
A

B
Boot
コンピューター、ゲーム機を起動させること。
マザーボードと呼ばれる機器の土台に記録されているIPLというプログラムを起動させてOSやFW起動すること。
Brick
PSPが完全に起動不可の状況にあること。
物理的な破損が原因でない限り、現在ではPandara's Batteryで復旧できる。
このBrickの中にも「SemiBrick」と「FullBrick」の2つの種類がある。

C
CFW
Custom Firm Wareの略。読み方はカスタムファームウェア。
ここに特徴が書いてあるぞよ!
また、3.52M33以前のCFWでは1.50kernelを使用する自作ツール(OFW1.50用の自作ツール)は起動するようになっている。
またCFWには主力シリーズのものでM33GENがある。

D
Dark Alex
PSPHack界に大きな影響を及ぼしている人。
CFW作成の第1人者である。
今までSE,OE,M33といったCFWを作成し公開している。
また、この人がつくるCFWはバグが少ない、無いことで有名である。
そして、独自の機能が豊かなことでも有名である。

E
EEPROM
電気的に内容を書き込めるROM。
読み込み専用の記憶装置のROMの分類に入るため、書きこまれているデータの変更には大きな制約がある。
内容の変更には通常より高い電圧を用いる。また部分的な変更はできないので、一旦すべて消去しなければならない。
そして、書き込める回数にも制限がある。
PSPでは、起動に使われておりバッテリーに内蔵されている。
そのバッテリー内部のEEPROMに書き込まれているデータによってバッテリーの種類が異なってくる。

F
Flash0
主にモジュールやXMBで読み込むシステムデータ、フォントなどシステムを動作させるのに必要なデータのほとんどが入っている。
PSP-PSP-1000では23.9MBでPSP-PSP-2000と3000では40.9MBが確保されている。
アップデートをするたびに書き換えられるところ。
Flash1
PSPの設定情報や壁紙、カスタムテーマ(PTF)などのユーザによる設定情報が保存されている。
PSP-1000では3.92MB、PSP-2000と3000では4.92MB。
PSPになんらかの不具合が発生した場合。
公式FWを搭載している場合は、XMBの設定の本体設定のところにある「設定の初期化」
CFWを搭載している場合は、リカバリーモード等でFlash1をフォーマットする
↑をやれば直る場合があります。
Flash2
PSNでダウンロードしたゲームについての情報が保存されている。
ほかにも保存されているデータがあるが用途はよくわかっていない。
PSP-1000では944KB、PSP-2000と3000では3.92MB。
Flash3
2009年3月14日時点で用途はよくわかっていない。
PSP-1000では880KB、PSP-2000と3000では9.04MB。
FullBrick
PSPは完全に起動不可で、NANDのフルバックアップをとっていない場合、完全な復旧が見込めない状況。
具体的に言えば…
NAND内のIDStorage(個体特有の情報)を含むデータが破損され、PSPが完全に起動不可になった状況のこと。
IDStorageが破損されるため、NANDのフルバックアップをとっていない場合は完全な復旧は見込めない状況なわけである。
現在ではDark Alexさんが公開したDespertar del Cementerioのおかげで大分、復旧できるが、それでも全ての機能が使えるように復旧されるわけではない。

FW
Firm Wareの略。読み方はファームウェア。
ソニーが言う言葉に置き換えればシステムソフトウェアである。
これはBoot作業で起動させられるシステムであり、PSPを制御するシステムでもある。
これが破損するとPSPが動作しなくなる。
また、CFWなどが導入でいないのも公式FWのせいである。
導入するツールの起動を防ぐようにしているためである。
そして、CFWも分類上このFWの中にあたる。

G
GAME
単に和訳すればゲームという意味になる。
プラグインを起動させたいモードを指定するときに使う。
自作ツールや体験版などのEBOOT.PBPを起動しているときのモードをGAMEモードといい、そのときに起動させたいプラグインはこれを指定する。

GAME150
1.50kernelを使う自作ツールを起動しているモードのことを指す。
また、そのときに起動させたいプラグインはこれを指定する。

GEN
PSP-GENERATIONチームが開発、公開を行っているCFWシリーズのこと。
Dark AlexさんのM33をベースにして開発しているため、M33の機能のほとんどは使用可能な状況になっている。
2009年3月15日時点で、5.02GENと3.95GEN、3.93GENを公開している。

google
webでの検索サービスを主とする会社。
最近では、ストリートビューやブラウザソフトの開発と公開なども行っている。

GUI
Graphical User Interfaceの略。
直感的な操作や表示した情報を分かりやすくすることを可能にするため、グラフィックを多用に使用してほとんどの基礎的な操作をマウスなどによって行うことをできるようにすること。
ソフトの見栄えをよくするという面やパソコンの普及を急速化させたという面でも評価されている。
現在のOSやソフトでは標準的なものになった。

H
Hello World
文字を表示するだけの簡素なプログラムのこと
C言語などのプログラミング言語を学ぶ上で最初に課題とされるプログラムである。

HEN
Homebrew Enablerの略であり、それを指す。
CFWとはちょっと違う目的のシステムである。
このシステムの目的はCFWを導入するため、もしくはCFWと同じで自作ソフト、ISOを起動するためのPSP用のシステム。
普通にこのシステムを起動することは公式FWにより制限されているので、公式FWの脆弱性を利用して無理やり起動させる。
また、このシステムはNANDに書き込まれてそこから読み込んで起動するわけではなく、MSから読み込んで起動するので↑に書いた通りなのでに起動するたびに脆弱性を使って起動させなければならない。
GTAやルミネス、GripShiftなどのゲームソフトによる脆弱性やTIFF形式の画像表示によるXMB上での脆弱性などが過去にHENの起動に用いられた。

I
IDStorage
nandの一部分。
PSPのそれぞれの個体によって入れられている情報が違う。
つまり個体、特有のデータが入れられている。
アップデートをしてもここは全く書き換えられていない。
また、この情報を使って製造時期、基盤の種類などによる機器による誤差をある程度、吸収して同一のアップデータを使ってアップデートしても起動しないというトラブルを避けている。
※とんでもなく、運が悪い時はPSPが壊れてBrick状態になる。尚、この場合はPandora's Batteryで修復可能。
このIDStorageに別のPSPのIDStorageを上書きすると起動できなくなり、FullBrickになってしまう。
そのPSPのNANDまたはIDStorageのバックアップを取ってあればPandora's Batteryを使ってリストア(復元)して完全に復旧させることができる。
だが、バックアップを取っていない場合、完全な復旧の見込みはない。
現時点では、Dark Alexさんが開発したDespertar del Cementerioの機能を使って復旧させることができる。
だけど、全機能が使える状況まで復旧させることはできない。

IPL
機械に電源が入ったときに最初に起動するプログラムのこと。
このプログラムには二度と書き換えができない記録装置に記録されているため、ウイルスなどに破損される心配はない。
また、起動するとOSやFWをメモリに展開する役目を果たしOSやFWを起動完了の状態にする。

J
jigkick battery
Jigkick Batteryは、通常のバッテリーはNANDで起動するが、これの場合はMMSで起動をします。
NANDにインストールされている公式FWで起動しないでダウングレード、CFW導入が可能なFWが入っているMMSで起動します。
作成には、CFW導入済みPSPが必要です。
CFW導入済みPSPがない場合は、Amazonやヤフオク、秋葉原などから購入が可能です。
また、気が向いたら管理人のほうでも貸し出し等は行うかもしれません。(詳細はkabaのマイナス思考とPSPのたまりばへ)

K

L
Lflash
NANDの一部分である。
Flash0/Flash1/Flash2/Flash3の4つのパーティション(1つの記憶装置を4つの記憶装置のように見せている)に区切られている。
また、PSPの起動で読み込まれるデータが入っている。

M
M33
Dark Alexさんが開発、公開するCFWシリーズの名でもあり、Dark Alexさんのもう1つのハンドルネームでもある。
CFWのOEシリーズの後継シリーズとしても扱われる。
3.52M33からこのシリーズで公開されている。
名前の由来はDark Alexさんが次の名前を考えているときにたまたま時計をみたら3/33(4/2)3:33と表示されていた(くるってて3/33になったのか4/2をひねってそうしたのかは不明)からだとのこと。
最近のCFWはこれが最も多くPSPに導入されているので、これをベースとしてCFWを開発しM33の機能をすべて使用できるようにして公開しているCFWが多い。

Magic Memory Stick
Magic Memory Stickは、普通のMS Pro Duoを改造して作成するものです。
公開当時は、CFW/FW1.50搭載PSPがないと作成できませんでしたが、最近ではPCでも作成できるようになりました。
Magic Memory Stickは、「MMS」と略されることが多いです。
この、MMSの役目は、NANDと同じくPSPの起動に必要なデータをそろえてあるが、NANDでは起動できないダウングレードプログラムを起動できるようにしているもの。
よって、ソニー公式のFWでPSPを起動しないためダウングレードやCFW導入などが可能になるのです。
また、このMMSには入れるものがいくつかあります。
PCツールだと、TOTAL Newbi easy Installerなど多数。
PSPツールだとDark Alex氏作のDespertar del Cementerioなど多数。

MBR
Master Boot Recordの略。
HDDの先頭部分にあるパーティションの情報とIPLが書き込まれている領域のこと。パソコンを起動する際に最初に読み込む。つまりは、起動には欠かせない領域。なので、ここが壊れてしまうとHDDを交換しない限りパソコンは起動しない。もちろん、PSPの中にあるflashにもMSにも同様のものが存在し、それは同様の働きをする。そして、MSのその同様なものを指してMBRと呼ぶ。

MS
Memory Stickの略。
2009年1月10日現在の情報。
メモリーカード業界で売れ筋2位である。
1位は無論、SDである。
だが、MSはこのSDに大きな溝を離されての2位である。
そして、最大容量は16GBである。
また、2TBのメモリースティックである大容量拡張フォーマットという仮名をつけた新しいメモリースティックを開発している(開発する?)ことを発表。(ここまでがそのときの情報)
PSPで使えるメモリースティックは、Memory Stick Pro DuoとMemory Stick Duoである。
PSPでワンセグ録画ができるMSはMemory Stick Pro Duoである。

mspformat
MMSの作成に必要な作業工程の1つ。
MMS作成のための特殊なフォーマットのこと言う。
この作業は、Windows機でコマンドプロンプトを使いMSをフォーマットする方法とCFWが搭載されたCFWでPSP Toolなどの自作ツールを使う方法の2つの方法がある。

N
NAND
NAND Flash Memoryのこと。
電源を切ってもデータが残る半導体メモリの一種である。
また、データの削除、作成、上書きも自由に高速に行える。
PSPでは、これがシステム専用の記憶装置として内蔵されている。
また、略す場合は「NAND」とされる場合が多いので当サイトでもそれを使っている。
そして通常、ユーザーはこの中のデータの削除、作成、上書きも自由に行うことはできない。
データの削除、作成、上書きも自由に行いたい場合はCFWのリカバリーモードを使う必要がある。
FAT(Lflash)/IDStorage/IPLなどの部分に分かれている。

O
OFW
Official Firm Wareの略。読み方はオフィシャルファームウェア。
公式ファームウェアのことを指す。
ソニーがリリースしたファームウェアのこと。
自作ツールなどが起動できないようにされており(脆弱性がないバージョンのものの場合)改造ができないようにされている。
Pandra's Batteryでは、この更新では対策はされない。
だが、XMBやゲームを使って脆弱性を突いてハックする方法の場合、対策がされる。
この更新情報はソニーの公式サイトのFWページをご覧下さい。

P
Pandora's Battery
Pandora's Batteryとは、PSP-3000/PSP-PSP-2000と3000でTA-089v3以外の全てのPSPで使えるもの。
該当する基板以外を用いたPSP以外でハード的に壊していないが、(落として壊したりなど)システムアップデート等の失敗、トロイ感染で壊れたPSPも(もちろん公式でダウングレードできない公式PSPも)復活・改造がこれのおかげで可能となった。
適応可能なPSPで出来ること↓
  • FW1.50にダウングレード(PSP-PSP-1000のみ)
  • CFWの導入
  • NANDのバックアップ・リストア
  • 死亡PSPを生き返らせる
とこんな感じです。
Pandora's Batteryは、Magic Memory StickとJigkick Batteryの2つの道具から成り立っています。
PC
パソコンのことを指す。
パーソナルコンピューターが正式な呼び名。
マザーボード、CPU、メモリ、HDなどの部品で構成されている機械
主にデスクトップ型、ノートブック型に分かれる。
また、これの動作にOSと呼ばれる制御システムが必要となる。
そして、自分で各部品を集めて組み立てることも可能。
上の方法で完成したパソコンは自作パソコンと呼ばれる。
PSPの改造や活用には必需品である。

PlayStation Network
PSNとも略すことがある。
PS3/PSPを使ったオンライン対戦。
PSSでの買い物。
上の2つのサービスなどを実施しているソニーのサービス。

PlayStation store
PSSとも略すことがある。
サービス開始当初はPS3でないとアクセスできないという限定的な感じだったが、PC、PSPという順でアクセスできる枠を広げていった。
このサービスの内容は有料または無料でゲームアーカイブス、ゲーム、体験版の配信を行うこと。
また、この機能はPSNの1部の機能である。

PLAYSTATION3(PlayStation3)
PS3と略されることもある。
また、プレ3、プレステ3とも呼ばれる。
PS2の後継機として発売されているがそうとはいえない。
PS3には60GB、20GB、40GB、80GB、120GBの5つの種類が存在する。
60GB、20GBにはPlayStation2規格ゲームの起動機能があり、40GB、80GB、120GBには無い。
これについてのソニー側の理由は、省電力化と低価格化のためと言っている。
詳細には、そのためにPS2のエミュレーションに必要な部品を省いたためである。
また、PS/PS2のコントローラーが使えない(他社製変換アダプタを使えば可能)
上記からPS1、PS2との互換性は不完全と判断しているユーザーは非常に多い。(管理人もそう思っているぞ。)
だが、PS2と比べて上回るのは機能面である。
PSXやPSPと同様XMBが用いられている。
また、USB、接続しているDLNAサーバー、HDD内の動画、音楽、静止画も再生できるようになっている。
また、120GBモデルは薄型化や軽量化、省電力化、低価格化がもっと進んでいる。
この120GBモデルは薄型PS3とも呼ばれる。

POPS
PSPでPS1のゲームを起動させるエミュ機能のことを指す。
これは、公式FWではPSstoreからゲームアーカイブスで購入したものしか起動できないがCFWはパソコンでソフトのCDからリッピングしたデータにひと手間をかけることによって起動可能な状態に持っていくことができる。

PS3
PLAYSTATION3(PlayStation3)の略。
また、プレ3、プレステ3とも呼ばれる。
PS2の後継機として発売されているがそうとはいえない。
PS3には60GB、20GB、40GB、80GBの4つの種類が存在する。
60GB、20GBにはPlayStation2規格ゲームの起動機能があり、40GB、80GBには無い。
これについてのソニー側の理由は、省電力化と低価格化のためと言っている。
詳細には、そのためにPS2のエミュレーションに必要な部品を省いたためである。
また、PS/PS2のコントローラーが使えない(他社製の変換アダプタを使えば可能)
上記からPS1、PS2との互換性は不完全と判断しているユーザーは非常に多い。(管理人もそう思っています。)
だが、PS2と比べて上回るのは機能面である。
PSXやPSPと同様XMBが用いられている。
また、USB、接続しているDLNAサーバー、HDD内の動画、音楽、静止画も再生できるようになっている。

PSN
PlayStationNetworkの略。
PS3/PSPを使ったオンライン対戦。
PSSでの買い物。
上の2つのサービスなどを実施しているソニーのサービス。

PSP
PlayStationPortableの略。
PSPの発売日は2004年12月12日。
usbポートや無線LAN機能、システムアップデートなどで機能を拡張をできるのが特徴。
また、PS3のアドホックパーティーでオンラインでゲームを楽しめるようになった。
PSX、PS3と同様XMBを用いて機能面の操作する。
そして、この高機能なものに目をつけたHack界では自作ツールの起動やCFWの導入なども行ってきた。
これに嫌気が差したソニーはこの防止を始めていたちごっこが始まった。
また、PS3とは劣るが音楽、動画、静止画の再生もできるようになっている。

PSP go
2009年11月1日に発売が予定されている。
4番目に発売されるPSPである。
UMDスロットの廃止や16GBのフラッシュメモリ内蔵やBluetooth搭載などいった今までのPSPと全く違ったものとなっている。
PSP-3000の後継機ではなく。ネット環境に特化したつくりになっている。

PSP-1000
初代PSPとも呼ぶ。
発売日は、2004年12月12日。
一番最初に発売されたPSP。
PSP-2000と3000、3000とは違い赤外線ポートが存在する。
iR Shellという自作アプリを使えば家電のリモコン代わりとして使えるが公式FWのままだと何の役にも立たない。
だが、将来性は無い。
nandの容量が少なくてこれからのアップデートについていけない可能性がある。

PSP-2000
薄型PSPとも呼ぶ。
発売日は、2007年9月20日。
2番目に発売されたPSP。
PSP-1000と比べて薄く軽くなった。
そして、TVに画面を出力もできるようなった。
発売当初からCFWが導入できるという状況だった。
将来性は十分見込める。
nandの容量がPSP-1000と比べて倍になったためである。

PSP-3000
美画面PSPとも呼ぶ。
発売日は2008年10月16日。
3番目に発売されたPSP。
マイクが標準装備されてskypeが標準で使えるようになった。
2009年1月12日現在、CFWの導入は困難を極めている。
だが、GripShift英語版に脆弱性が突く事ができて、一筋の光が見えてきている。
将来性は十分ある。
マイクをskypeからどう枠を広げていくか?
などのこれからの機能拡張の岐路が気になるところである。

PSS
PlayStation storeのことを差す。
サービス開始当初はPS3でないとアクセスできないという限定的な感じだったが、PC、PSPという順でアクセスできる枠を広げていった。
このサービスの内容は有料または無料でゲームアーカイブス、ゲーム、体験版の配信を行うこと。
また、この機能はPSNの1部の機能である。

Q

R
RAM
ランダムアクセスメモリ(Random Access Memory)の略。
半導体素子を使った記憶装置で、メインメモリに使われる。
また、そのメインメモリのことをRAMと呼ぶこともある。
データの読み書きを電気的なもので行うので動作が高速であり、CPUから直接アクセスされている。
だが、欠点もある。それは単位容量あたりの価格が高いことであまり大きな容量を扱えないことと電源を切ると保存されたデータが失われることの2つである。

ROM
リードオンリーメモリ(Read Only Memory)の略。
読み出し専用の記憶装置である。
書き換える必要のないデータや書き換えてほしくないデータを記憶させる。
主に、起動のために必要なデータ(IPLやBIOSなど)が書き込まれている。
例外として、全消去などを行ってもう1度書き出す方法でなら書き換えることができるものもある。(例 EEPROMなど)

S
SemiBrick
リカバリーモードの起動は可能だが、XMBへの通常起動が不可な状況のこと。
Recovery Flasherなどのリカバリーモードから起動可能な復旧ツール、またはPandora's Batteryを用いることで復旧は可能。

Shell
ユーザからの指示を解釈し、それをOSの中核に伝えるプログラム。
WindowsだとエクスプローラやコマンドプロンプトなどがShellにあたる。

SONY
PlayStation系ゲームハードや数々のゲームソフト、VAIOなどで大ヒットを飛ばしてきた大企業。
Hack界との戦いを行っている。

T

U
USB
Universal Serial Busの略。
PSPでは、mini-Bという種類の端子を採用している。
また、PSP(PSP-1000/PSP-2000と3000/3000)はUSB2.0までに対応している。
USBには1.0/1.1/2.0/3.0という4つの規格がある。
主にデータ転送やプリンタ、キーボード、マウスに用いられている。
尚、1.0ではデータの転送速度があまりにも低すぎるため、HDやUSBメモリなどの記憶装置やプリンタなどには用いられていない。

V
Vista
Wondows Vistaのこと。
このOSには「重い」「使いにくい」などの声で批評がたくさんある。
次期OSにはWindows 7という発売が予定されている。

VSH
PSPでXMBを起動させているモードのこと。
プラグインを起動させたいモードを指定するときに使う。
XMBを起動させているときに起動させたいプラグインはこれを指定する。

VSH Menu
VSH(XMB)モード時にSELECTボタンを押すことによって表示されるCFW独自のメニューであり機能である。

W
Windows
Microsoft社が販売、作成をしているOSである。
Macの宿敵であるが、圧倒的にWindowsのほうが売れている。

X
XMB
クロスメディアバー(Cross Media Bar)の略。
ソニーが採用しているユーザインターフェースの1つであり、横と縦で操作する。
横はガテゴリで縦はそのガテゴリに属する機能。アイコンで表示される。
元々は、PSX向けに作られたものである。
PSPのXMB

XP
Windowsの5作目。
Vistaとは違い好評に終わった。
販売終了で惜しまれたほどであった。

Y

Z

あ~わ


暗号化
インターネットなどのネットワークを通じての文章や画像などのデータをやりとりするときに、通信途中に第三者の手に渡り、漏出したり改ざんしたりすることを防ぐためにある決まった規則に従いデータを変更すること。




薄型PSP
PSP-2000のことを差す。
発売日は、2007年9月20日。
2番目に発売されたPSP。
PSP-1000と比べて薄く軽くなった。
そして、TVに画面を出力もできるようなった。
発売当初からCFWが導入できるという状況だった。
将来性は十分見込める。
nandの容量がPSP-1000と比べて倍になったためである。




オートブートバッテリー
バッテリーを装着したら、電源が入り通常起動するバッテリー。
jigkickと違うのは、装着して電源がは入りMMSが起動しないで通常起動するという点。

オフライン
ネットに接続していないときのこと。

オンライン
ネットに接続しているときのこと。










公式FW
Official Firm Wareのことを指す。読み方はオフィシャルファームウェア。
ソニーがリリースしたファームウェアのこと。
自作ツールなどが起動できないようにされており(脆弱性がないバージョンのものの場合)改造ができないようにされている。
Pandra's Batteryでは、この更新では対策はされない(不可能)。
だが、XMBやゲームを使って脆弱性を突いてハックする方法が見つかったの場合、対策がされる。
この更新情報はソニーの公式サイトのFWページをご覧下さい。

コピペ
コピー&ペーストの略。
コピーをし貼り付けをする作業。
PSPの活用、改造にはこれができないと始まらない。
できて当たり前の作業。




初代PSP
PSP-1000のこと。
発売日は、2004年12月12日。
一番最初に発売されたPSP。
PSP-2000と3000、3000とは違い赤外線ポートが存在する。
iR Shellという自作アプリを使えば家電のリモコン代わりとして使えるが公式FWのままだと何の役にも立たない。
だが、将来性は無い。
nandの容量が少なくてこれからのアップデートについていけない可能性がある。


スクリーンショット
モニターなどの視覚出力デバイスに表示されたものの全体や一部を写した画像のこと。
これは、「スクリーンキャプチャ」や「スクリーンダンプ」とも呼ばれる。


脆弱性
脆弱性と書いてぜいじゃくせいと読む。
セキュリティーホールと同じ意味を持つ。または、無法地帯といっても同じことである。
セキュリティーホールという穴使えばCFWの導入や自作ツールの起動などを行えるようにする。
Windowsではその穴がウイルスの感染の原因になる。
つまりは、してはいけない動作ができてしまう領域のこと。
現実の話に置き換えると法律などで縛られることがない、いけない領域のこと。

セキュリティーホール
脆弱性と同じ意味を持つ。または、無法地帯といっても同じことである。
セキュリティーホールという穴使えばCFWの導入や自作ツールの起動などを行えるようにする。
Windowsではその穴がウイルスの感染の原因になる。
つまりは、してはいけない動作ができてしまう領域のこと。
現実の話に置き換えると法律などで縛られることがない領域のこと。

セミブリック
アルファベットで「SemiBrick」。
リカバリーモードの起動は可能だが、XMBへの通常起動が不可な状況のこと。
Recovery Flasherなどのリカバリーモードから起動可能な復旧ツール(Recovery Flasherなど)、またはPandora's Batteryを用いることで復旧は可能。




ダウンロード
英語でDownload。
サーバーから配信されているファイルをもらうことを言う。
ダウンロードの仕方はWebページによって異なる。
だが、これはPSPの改造、活用ではできないと何にも始まらない。
余談ではあるが、YahooやGoogleなどのWebページを表示することもダウンロードしてそのファイルを開いているのである。
ダウンロードの方式にはいくつか種類がある。
その方式によっては別途ダウンロードソフトが必要になる場合がある。






















美画面PSP
PSP-3000のこと。
発売日は2008年10月16日。
3番目に発売されたPSP。
マイクが標準装備されてskypeが標準で使えるようになった。
CFWの導入は困難を極めている。
だが、公式FW5.03の脆弱性を利用したHENでCFWと同じような機能を使用することはできる。
将来性は十分ある。
マイクをskypeからどう枠を広げていくか?
などのこれからの機能拡張の岐路が気になるところである。


ファイラ
ファイル管理の機能を主としているソフトのことを指す。

複合化
暗号化されたデータを暗号化前のデータに戻すこと。

プラグイン
元々あるソフトやシステムに機能を付け加えたり、変更するプログラムのことをいう。
PSPでも↑と同じ役割をもつプログラムのことを指す。
尚、CFWを導入しないと使うことが出来ない。

ブリック
アルファベットで書くと「Brick」。
PSPが完全に起動不可の状況にあること。
物理的な破損が原因でない限り、現在ではPandara's Batteryで復旧できる。
このBrickの中にも「SemiBrick(セミブリック)」と「FullBrick(フルブリック)」の2つの種類がある。

フルブリック
アルファベットで「FullBrick」。
PSPは完全に起動不可で、NANDのフルバックアップをとっていない場合、完全な復旧が見込めない状況。
具体的に言えば…
NAND内のIDStorage(個体特有の情報)を含むデータが破損され、PSPが完全に起動不可になった状況のこと。
IDStorageが破損されるため、NANDのフルバックアップをとっていない場合は完全な復旧は見込めない状況なわけである。
現在ではDark Alexさんが公開したDespertar del Cementerioのおかげで大分、復旧できるが、それでも全ての機能が使えるように復旧されるわけではない。












メモリースティック
Memory Stickのこと。
MSと略されることがある。
2009年1月10日現在の情報。
メモリーカード業界で売れ筋2位である。
1位は無論、SDである。
だが、MSはこのSDに大きな溝を離されての2位である。
そして、最大容量は16GBである。
また、2TBのメモリースティックである大容量拡張フォーマットという仮名をつけた新しいメモリースティックを開発している(開発する?)ことを発表。(ここまでがそのときの情報)
PSPで使えるメモリースティックは、Memory Stick Pro DuoとMemory Stick Duoである。
PSPでワンセグ録画ができるMSはMemory Stick Pro Duoである。



















スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

 

※投稿後にコメントを編集・削除する場合は必要です。
  パスワードの設定が無い場合は投稿後に編集・削除ができませんのでご注意ください。
管理人にのみ表示する
 

Track Back

Track Back URL:

最新記事

カレンダー

< 07 | 2017/08 | 09 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンタ

初心者の方へ

公式FW搭載PSPフル活用

公式にSCEが推奨している活用法の一部を解説した記事
なので、公式FWを搭載したPSPでも活用できるものなのだ。

CFWアップデート方法

CFWを搭載しているPSPで新しいCFWを導入する方法を解説している記事

プラグイン

CFWの独自機能である、プラグイン機能。 それを使ったツールの紹介をした記事

PSP用自作アプリ

CFWもしくはHENなどのゲームデータの起動制限を外した状態のPSPで起動する非公式アプリを解説した記事

5.03ChickHEN

公式FW5.03に存在する脆弱性を突いたHENの導入・起動方法とそのHEN上で起動しないツールを解説した記事

Pandora's Battery

PSP-1000とTA-088v3以外のPSP-2000で使えるPandora's Battery。それらについてのツールやそれ自体の解説記事。

PCソフト/ハード特集!

このブログで紹介した使えるWindowsで動くソフトやパソコン関係の周辺機器を紹介した記事

検索フォーム

twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

kaba

name : kaba
現在、高校受験のため真人間を装う特訓をしているダメ人間。
自分の部屋に引きこもりながらPSP/PCなどの機械をいじるのが好きなマダオ。
好きなマンガはケロロ軍曹と銀魂、BLEACH。最近はPandora Heartsとけいおん!も。
好きなラノベは、聖剣の刀鍛冶と緋弾のアリア、ラプンツェルの翼、電波女と青春男。
近頃、管理人がかわいいと思ったキャラは「あずにゃん」こと中野梓なのだ。
そんなったくもってるそうな無気力なダメとこが管理、更新しているブログ。
暇なときは極力このブログの更新に力を尽くすつもりでいたりする。

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。