kabaの現実逃避な思考と日記とetc...

kabaがパソコンについて中心に書いているよ!それとkabaの日常的な話とかも。
コメントをして管理人をかまってあげて下さい!お願いします!

Address is http://kabanoblog.blog22.fc2.com/.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plugin2Flashでのプラグインのflash0への内蔵と除去方法。
Plugin2Flashについて
XMBでPlugin2Flashを選択中の画面
Plugin2Flashとは、MS内に保存されたプラグインを簡単にflash0に内蔵させる(導入する)のを主な目的とした自作ツールの1つです。
通常の方法である、コマンドラインを使った精密な作業を必要としないので、このツールの公開でflash0への内蔵がとても簡単になりました。
ですが、flash0をいじるのでなんらかの原因で内蔵化が失敗した場合、PSPがセミブリック、ブリック状態になるのでご注意下さい。
もし、そうなった場合にはPandora's Batteryで修復することが可能なので、Pandora's Batteryを用意、作成しておくことを強くお勧めします。
flash0に、プラグインを設置する場合、MSとは違い↓のモードでプラグインを設定によって実行できます。

MSVSH(XMB)/GAME/POPS
flash0VSH(XMB)/GAME/POPS/UPDATE/Applications

UPDATE…アップデートデータ起動中。
Applications…
アプリケーション自作ツール起動中。
当サイトでアプリに分類されているものが必ずしもこれとは限らない。
逆に当サイトでゲームに分類しているものが必ずしもGAMEモードで起動しているとは、限らない。

今回は、導入方法からPlugin2Flashでのプラグインのflash0への内蔵方法とflash0のプラグインの削除方法までを紹介します。

Plugin2Flashの導入方法
では、導入方法です。
いつも通りにやればすぐ終わる簡単な作業です。
ここからPlugin2Flashをダウンロードし解凍。
解凍して作成されたフォルダの「plugin2flash[1]」の中の「Plugin2Flash」を「PSPのMS>PSP>GAME」の中にコピペ。
plugin2flash[1]
├Readme.txt
└Plugin2Flash←これをコピー
  └EBOOT.PBP

PSPのMS
└PSP
  └GAME
    └Plugin2Flash←ここに貼り付け。
      └EBOOT.PBP
XMBから、Plugin2Flashを起動できたら成功。

Plugin2Flashによるプラグインのflash0への内蔵方法
この方法でプラグインを内蔵できるのは、5.00M33-2以上のCFWが入っていることが条件となります。
管理人は、今回は5.02GEN-A導入のPSP-2000で挑んでみました。
では、このツールを使った内蔵方法です。
ツールを起動するとGUIによる操作ではなくなって不安になる方もいますがご安心下さい。
あらかじめ、入れたいプラグインを「PSPのMS>seplugins」に入れておく。
Plugin2FlashをXMBから起動する。
すると、しばらくして↓のような画面が出てくる。

そしたら、×ボタンで内蔵化モードに入り、下のような画面を出す。

「seplugins」フォルダの中身が表示される。
flash0に内蔵したいプラグインを選択し、×ボタンで決定。
※↓と↑の画像では例としてCFWFolerBlocker(CFWBLOCK.PRX)を内蔵するプラグインとしてます。
決定すると、↓のような画面が表示されてどのモードのときにその内蔵するプラグイン(今回の例ではCFWFolerBlocker)を読み込み、起動をするのかと聴かれるのでコマンドを入れて指定してあげる。
VSH(XMB)方向キー←
GAME方向キー↑
POPS□ボタン
UPDATE方向キー→
Applications△ボタン
※同時に複数、指定することも可能

↓の画像は方向キー↑を押してGAMEを指定した場合の画面。

指定したら、×ボタンを押して決定し、同時にflash0への書き込みも始まる。
書き込み作業が終わると「Press O to exit...」という英文が最下段に表示される。

再起動で無事にPSPが起動・動作し、指定したモード起動中に内蔵したプラグインの動作が確認できたら成功。

Plugin2Flashによるflash0に内蔵したプラグインの除去方法
内蔵方法の次は除去方法です。
内蔵方法と同様、GUIの作業ではありません。
尚、プラグインの起動をするモードの変更はできません。
flash0からプラグインを削除することしかできません。
では、本題に入ります。
XMBから、Plugin2Flashを起動し、↓のような画面が出てくる。

△ボタンでflash0内のプラグインの除去モードに入り↓のような画面を出す。
※.prxは管理人が内蔵化したプラグイン。
もちろん、内蔵化したプラグインによって異なる。

削除したいプラグインを選択し×ボタン押して決定すると、除去作業が始まる。
※今回の例では、CFWFolerBlocker(CFWBLOCK.PRX)を除去するプラグインとする。
除去作業に入ると↓のような画面になる。
Press O to exit...」という英文が最下段に表示されない。

除去作業が終わると↑の画面のように「Press O to exit...」という英文が最下段に表示される。
再起動し、PSPが無事に起動・動作して、指定したモード起動中に内蔵したプラグインの動作が無くなっていることを確認できたら成功。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

 

※投稿後にコメントを編集・削除する場合は必要です。
  パスワードの設定が無い場合は投稿後に編集・削除ができませんのでご注意ください。
管理人にのみ表示する
 

Track Back

Track Back URL:

最新記事

カレンダー

< 09 | 2017/10 | 11 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスカウンタ

初心者の方へ

公式FW搭載PSPフル活用

公式にSCEが推奨している活用法の一部を解説した記事
なので、公式FWを搭載したPSPでも活用できるものなのだ。

CFWアップデート方法

CFWを搭載しているPSPで新しいCFWを導入する方法を解説している記事

プラグイン

CFWの独自機能である、プラグイン機能。 それを使ったツールの紹介をした記事

PSP用自作アプリ

CFWもしくはHENなどのゲームデータの起動制限を外した状態のPSPで起動する非公式アプリを解説した記事

5.03ChickHEN

公式FW5.03に存在する脆弱性を突いたHENの導入・起動方法とそのHEN上で起動しないツールを解説した記事

Pandora's Battery

PSP-1000とTA-088v3以外のPSP-2000で使えるPandora's Battery。それらについてのツールやそれ自体の解説記事。

PCソフト/ハード特集!

このブログで紹介した使えるWindowsで動くソフトやパソコン関係の周辺機器を紹介した記事

検索フォーム

twitter

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

プロフィール

kaba

name : kaba
現在、高校受験のため真人間を装う特訓をしているダメ人間。
自分の部屋に引きこもりながらPSP/PCなどの機械をいじるのが好きなマダオ。
好きなマンガはケロロ軍曹と銀魂、BLEACH。最近はPandora Heartsとけいおん!も。
好きなラノベは、聖剣の刀鍛冶と緋弾のアリア、ラプンツェルの翼、電波女と青春男。
近頃、管理人がかわいいと思ったキャラは「あずにゃん」こと中野梓なのだ。
そんなったくもってるそうな無気力なダメとこが管理、更新しているブログ。
暇なときは極力このブログの更新に力を尽くすつもりでいたりする。

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。